月別アーカイブ: 2013年7月

熊本産地研修旅行その9

最終日は最高級畳表「ひのさらさ」を使用している水前寺公園古今伝授の間を見学、また熊本城本丸御殿の大広間も見学し、研修旅行終了です。今回は本当に勉強になりました、企画して頂いた肥後物産の方々、農家の田島さん、お世話になりました、この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました。

熊本城大広間
熊本城大広間
熊本城前で集合写真
熊本城前で集合写真

熊本産地研修旅行その8

刈り取ったい草は汚れを落とすのと、泥染めが均一に出来るように水で冷やします。この後田島さんにお礼を言って温泉で体を洗い、本社に戻って今回の研修の復習とまとめを行いました。
夜は懇親会で話が弾みました。

い草を水洗いして冷やす
い草を水洗いして冷やす
肥後物産本社でのい草研修2
肥後物産本社でのい草研修2

熊本産地研修旅行その7

ホテルの朝食後、再び田島さん宅で今日の分のい草の刈取りを見学。刈取り後の田んぼにも入らせてもらいました。刈り取ったい草をパレットに積む作業も体験させていただきました。大事ない草です、傷つけないように気を使いました。でもお邪魔しているのに田島さんからいきなり団子と御饅頭、お茶のごちそうになり申し訳なかったです。

い草の刈取り
い草の刈取り
い草をパレットに積むお手伝い
い草をパレットに積むお手伝い

熊本産地研修旅行その6

翌日は3時30分起床で4時30分に田島さん宅へ、昨日乾燥機に入れたイグサを取り出して袋詰めする作業を見学、お手伝いしました。乾燥しているので粉末粘土が待って周りは真っ白です。袋にい草を入れてもらうとい草がまだ温かい!口を縛ってパレットに積みます。
それから2階の倉庫に袋詰めしたい草を収納する作業もお手伝いしました。

乾燥機から取り出されるイグサ
乾燥機から取り出されるイグサ
い草の袋詰めをお手伝い
い草の袋詰めをお手伝い
袋詰めしたい草を倉庫へ入れる
袋詰めしたい草を倉庫へ入れる

熊本産地研修旅行その5

それよりもっと大変なのは田島さんがやっている泥染めしたい草を取りだす作業だそうです。
せっかくついた泥を落とさず、丁寧に並べていくのは大変そうでした。
脇につけたイグサが立てかけてありました、乾いてくると均一に粉を吹いて白くなります。
この後乾燥機に入れて16時間乾燥するそうです。

泥染めしたいぐさを積む田島さん
泥染めしたいぐさを積む田島さん
泥染めして少し経ったイグサ
泥染めして少し経ったイグサ

熊本産地研修旅行その4

その後3班に分かれてそれぞれの農家に向かいます、私がお世話になったのは田島さん。
最初にお伺いした時には朝刈り取ったイグサを泥染めしているところでした。
泥染めとは粉末粘土を水に溶かしたものにい草を浸けることによって乾燥機にかけたイグサが均一に乾燥し畳表になった時にきれいに仕上がるからだそうです。
泥染めの液に入れる作業を体験させていただきました。コツと体力が必要な作業です。

い草泥染めの作業
い草泥染めの作業
い草の泥染めをさせて頂く
い草の泥染めをさせて頂く

熊本産地研修旅行その1

去る7月4日~6日に「肥後物産」主催の産地研修に参加しました。八代本社13:00集合ということでLCCのジェットスターを使って移動することにしました。7:15成田発ジェットスターで福岡空港へそして博多から新八代まで新幹線さくらで移動しました。

ジェットスター航空機
ジェットスター航空機
九州新幹線さくら
九州新幹線さくら

第14回健康畳店会研修旅行

UR展示施設の代官山アパート
UR展示施設の代官山アパート
UR展示施設の蓮根団地
UR展示施設の蓮根団地

6月21日、22日に健康畳店会の研修旅行、施設見学会がありました。今回は東京都八王子にあるUR都市機構技術研究所を訪ねました。中でも昔の集合住宅を保存してある歴史館が印象深く感じました。
戦前の同潤会代官山アパートは畳ではなくコルクボードに上敷を張り付けたような作り、なおかつ床座と椅子座があり、畳ベットがありとハイカラな作りでした。次の昭和30年代の蓮根団地は私には昔懐かしい部屋でノスタルジーを感じました。色々参考になり、勉強させて頂きました。